受ける前に知っておきたい

一度で効果の高いレーザー光による医療脱毛を受けようと決めたら、ご自身が受けることができるのかを確認しましょう。まず、過度に日焼けをしていませんか。黒いものに反応して脱毛をするレーザー光による医療脱毛ですから、肌が日焼けしているとメラニン色素を多く含むため、肌にダメージを与えてしまいます。そのため、日焼けの程度により、脱毛を断られることがあります。また、皮膚炎など肌にトラブルがある場合も、照射できない可能性があります。医師に相談し、日焼けが落ち着くのを待ったり、肌トラブルを治療してから脱毛を行いましょう。それから、妊娠している方は、脱毛を控えたほうがよいでしょう。脱毛による胎児への影響は少ないといわれていますが、肌の状態や精神状態も過敏な時期ですから、妊娠中は避けたほうがよいでしょう。その他、肌体質によっては、赤みや色素沈着、やけどのようなほてり、痛みなどを感じる方もいます。レーザー光による医療脱毛は敏感肌の方にも施術が可能なものとされていますが、脱毛器や、施術する部位の違いでそのような症状を感じる方もいます。カウンセリングやアフターケアを重視しているクリニックを選び、ご自身の肌体質をしっかりと伝えましょう。街そして、医療脱毛が可能となったら、肌の症状をよく見ながら、無理のないようにしましょう。問題なく医療脱毛が行えたら、レーザー光による脱毛は、毛のサイクルに合わせて数回脱毛する必要がありますので、その間のむだ毛が目立ってしまうこともあるでしょう。できれば自己処理を我慢したほうがよいのですが、どうしても気になる際には、肌を痛めないように気を付けながら、カミソリで剃りましょう。決して抜いてはいけません。抜いてしまうと、次に成長期をむかえる毛まで抜いてしまい、成長期の毛に反応するレーザー光の効果が得られないためです。医療脱毛を行う際は、効率的に脱毛するために日焼けや肌トラブルに注意をし、自己処理は肌を傷つけないようにカミソリで行うというポイントを頭に入れておきましょう。

コメントは受け付けていません。