永久脱毛の心構え

永久脱毛の注意点について説明します。医療レーザー脱毛と絶縁針脱毛の相違点を項目別に列挙します。【施術の際の痛みはどの程度か】絶縁針脱毛の場合:皮膚に針を刺して通電するときに痛みを感じます。「冷却法」などの痛みを少なくさせるという方法もあります。医療レーザー脱毛の場合:個人差によりますが、ほんの少しだけチクッと感じるくらいです。【1回あたりの施術時間】絶縁針脱毛の場合:平均的な毛量の人で両脇60分~90分がひとつの目安です。医療レーザー脱毛の場合:両方の脇で10分くらいと短い時間で終了します。【施術期間】医絶縁針脱毛の場合:2ヶ月に1回程度が効率的な施術周期です。完全脱毛迄は(施術箇所は両方の脇)平均的な毛の量の人間で五回~六回、1~1.5年です。医療レーザー脱毛の場合:三か月~半年に1回程度が効率的といわれる周期です。【長所】医絶縁針脱毛の場合:一本ずつ完全に脱毛可能です。日焼けなどにより、色素が沈着していても大丈夫です。花火01医療レーザー脱毛の場合:一回の施術に必要な(脱毛する)時間が短くて済む。広範囲にわたり永久脱毛が実現できます。わざわざ永久脱毛(施術)の為に毛を伸ばす必要が無い。【注意点】絶縁針脱毛の場合:施術後に、毛穴が赤くなったりまれに腫れます。施術の為に、わざわざ毛を放置(伸ばしておく必要があります)。上記にも書きましたが、施術には「痛み」が伴います。医療レーザー脱毛:日焼けなどにより沈着のあるケースは脱毛不可能です。うぶ毛や細い毛の永久脱毛はかなり難しいです。【施術にかかる費用】】絶縁針脱毛の場合:毛量に個人差があるので、施術が時間制を採用しているケースが多いです。医療レーザー脱毛:クリニックによりけりです(バラツキが大きいです)。【永久脱毛するには、絶縁針とレーザーのどちらを選ぶのが安全なのか】適切な照射を施せばレーザーでも一度反応した毛は生えません。但し、産毛が残留するので基本的にはレーザー脱毛を施して、最終的な仕上げは絶縁針でする、という人もいます。発汗量が多い、体臭が気になる、という方には針脱毛をお勧めです。

コメントは受け付けていません。