‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

受ける前に知っておきたい

2014/11/06

一度で効果の高いレーザー光による医療脱毛を受けようと決めたら、ご自身が受けることができるのかを確認しましょう。まず、過度に日焼けをしていませんか。黒いものに反応して脱毛をするレーザー光による医療脱毛ですから、肌が日焼けしているとメラニン色素を多く含むため、肌にダメージを与えてしまいます。そのため、日焼けの程度により、脱毛を断られることがあります。また、皮膚炎など肌にトラブルがある場合も、照射できない可能性があります。医師に相談し、日焼けが落ち着くのを待ったり、肌トラブルを治療してから脱毛を行いましょう。それから、妊娠している方は、脱毛を控えたほうがよいでしょう。脱毛による胎児への影響は少ないといわれていますが、肌の状態や精神状態も過敏な時期ですから、妊娠中は避けたほうがよいでしょう。その他、肌体質によっては、赤みや色素沈着、やけどのようなほてり、痛みなどを感じる方もいます。レーザー光による医療脱毛は敏感肌の方にも施術が可能なものとされていますが、脱毛器や、施術する部位の違いでそのような症状を感じる方もいます。カウンセリングやアフターケアを重視しているクリニックを選び、ご自身の肌体質をしっかりと伝えましょう。街そして、医療脱毛が可能となったら、肌の症状をよく見ながら、無理のないようにしましょう。問題なく医療脱毛が行えたら、レーザー光による脱毛は、毛のサイクルに合わせて数回脱毛する必要がありますので、その間のむだ毛が目立ってしまうこともあるでしょう。できれば自己処理を我慢したほうがよいのですが、どうしても気になる際には、肌を痛めないように気を付けながら、カミソリで剃りましょう。決して抜いてはいけません。抜いてしまうと、次に成長期をむかえる毛まで抜いてしまい、成長期の毛に反応するレーザー光の効果が得られないためです。医療脱毛を行う際は、効率的に脱毛するために日焼けや肌トラブルに注意をし、自己処理は肌を傷つけないようにカミソリで行うというポイントを頭に入れておきましょう。

永久脱毛の心構え

2014/11/06

永久脱毛の注意点について説明します。医療レーザー脱毛と絶縁針脱毛の相違点を項目別に列挙します。【施術の際の痛みはどの程度か】絶縁針脱毛の場合:皮膚に針を刺して通電するときに痛みを感じます。「冷却法」などの痛みを少なくさせるという方法もあります。医療レーザー脱毛の場合:個人差によりますが、ほんの少しだけチクッと感じるくらいです。【1回あたりの施術時間】絶縁針脱毛の場合:平均的な毛量の人で両脇60分~90分がひとつの目安です。医療レーザー脱毛の場合:両方の脇で10分くらいと短い時間で終了します。【施術期間】医絶縁針脱毛の場合:2ヶ月に1回程度が効率的な施術周期です。完全脱毛迄は(施術箇所は両方の脇)平均的な毛の量の人間で五回~六回、1~1.5年です。医療レーザー脱毛の場合:三か月~半年に1回程度が効率的といわれる周期です。【長所】医絶縁針脱毛の場合:一本ずつ完全に脱毛可能です。日焼けなどにより、色素が沈着していても大丈夫です。花火01医療レーザー脱毛の場合:一回の施術に必要な(脱毛する)時間が短くて済む。広範囲にわたり永久脱毛が実現できます。わざわざ永久脱毛(施術)の為に毛を伸ばす必要が無い。【注意点】絶縁針脱毛の場合:施術後に、毛穴が赤くなったりまれに腫れます。施術の為に、わざわざ毛を放置(伸ばしておく必要があります)。上記にも書きましたが、施術には「痛み」が伴います。医療レーザー脱毛:日焼けなどにより沈着のあるケースは脱毛不可能です。うぶ毛や細い毛の永久脱毛はかなり難しいです。【施術にかかる費用】】絶縁針脱毛の場合:毛量に個人差があるので、施術が時間制を採用しているケースが多いです。医療レーザー脱毛:クリニックによりけりです(バラツキが大きいです)。【永久脱毛するには、絶縁針とレーザーのどちらを選ぶのが安全なのか】適切な照射を施せばレーザーでも一度反応した毛は生えません。但し、産毛が残留するので基本的にはレーザー脱毛を施して、最終的な仕上げは絶縁針でする、という人もいます。発汗量が多い、体臭が気になる、という方には針脱毛をお勧めです。

空いた時間で脱毛

2014/11/06

脱毛器が普及して、利用する方がたくさん増えました。エステサロンに行く時間や費用が無い方も、自分でムダ毛の処理ができる脱毛器は、大変人気です。女性も男性も使えるものも多いので、一家に1つあると、とても便利なのではないでしょうか。夏は、水着の季節。突然海やプールに誘われることもあるでしょう。そんな時、ムダ毛の処理に困ることがありませんか。剃ったりすることももちろんできますが、やはり、脱毛する方がつるつる感は上かもしれません。又、剃り続けていると色素沈着を起こすことも考えらえるので、ちょっと考えものです。温泉一番良いのは、そのままにしておくことですが、水着を着るなら、やはりそれではまずいですよね。ビキニラインも手の抜けないところですね。ムダ毛を絶対に見られたくない部分でしょう。脱毛器は、このビキニラインにもお使い頂けます。自分でできるので、もちろん誰にも見られることがありません。なるべくなら見られたくない部分。自分でできるのは、ありがたいですね。脱毛器には、いくつかの種類があります。レーザー脱毛器やサーミコン式脱毛器、フラッシュライト脱毛器等、色々なものがあります。本格的なものになると、価格もかなり高額になってきます。使う方の目的に合わせて選ぶと良いでしょう。エステサロンに通うとなると、近くになければ脱毛を諦めなければなりません。家庭に脱毛可能な道具があれば、いつでも時間を見つけてできて便利です。

全身脱毛について考える

2014/11/06

どうせ脱毛をするなら脇とか足とかいう風に1箇所に限定するのではなくて全身脱毛をやりたいと考えている方も多いと思われます。しかし全身脱毛は、脱毛をしてもらった事がない初心者という方にはおススメできるという物ではないと思います。1度脇や脚や腕といった箇所毎に脱毛をした経験があってその経験を元に他の場所も綺麗にしたいという人にとって適切な処置だと考えます。ひとくちに全身脱毛と言ってもエステサロンや医療機関によって「顔と項以外の全身」だったり、『IOライン以外の全身』だったりと脱毛箇所も色々です。 処置前に自分の脱毛したい箇所を確認しておくのが賢明です。}PgžxQ因みに、以下のような方々は全身脱毛をするのは止めるべきです。①妊娠中の方。妊娠していること自体は、「レーザー脱毛」であっても脱毛への影響はありませんが、妊娠期間中は「肌の状態」や「精神状態」が敏感になっており、脱毛のショックで何が起こるか予測がとても難しいです。②皮膚炎の方。皮膚炎にも、軽度から重度まで、色々な状態があります。 軽度なら、レーザー脱毛でも出力を低下させる等すれば、あまりリスクはありませんが、重度の場合は注意が必要です。 ③日焼けしている方。日焼けをする事で肌が黒くなっていると、レーザーがその黒い色に反応し、火傷をしたり爛れる可能性があります。 ④ムダ毛の処理をした後の方。「レーザー脱毛」や「フラッシュ脱毛」では、レーザーや光が毛に含まれるメラニン色素自体にに反応して脱毛の処理を行います。 そのため、自分でムダ毛の処理をしてしまうと、照射すべき毛がないので脱毛をすることができません。

全身脱毛で注意が必要な事

2014/11/06

全身脱毛をするにあたって、注意するべき点がいくつかございます。まず、妊娠をしている人は全身脱毛はできません。そして皮膚炎を持っていて重度の人は、脱毛をしてはいけません。次に脱毛前に過度な日焼けをしてはいけません。そして、脱毛前に自分自の手でむだ毛の処理をする事は控えた方がよいでしょう。妊娠時の脱毛禁止ですが、脱毛時の痛みがきっかけで陣痛の誘発や、痛みによる刺激・ストレスが母体には良いとは言えないため、万が一のトラブルに対応できない事や、ホルモンバランスの変化により脱毛効果が落ちる可能性があるのです。重度の皮膚炎の方は、皮膚が色素沈着している可能性が高いので、色素の濃度が濃いとレーザー光の効果自体が効かなくなってくる為に、満足の行く脱毛処理を申し込む事が不可能と言う事になります。日焼けも同じような理由で、肌の色が黒い事でレーザー光の感度が落ちてしまう為に効果がほとんど期待出来なくなってしまうのが理由です。また、全身脱毛の中でも、デリケートゾーンのような箇所の施術に関しては、女性の場合は一般的に生理中は不可となります。それ以外の部位でも、生理の前後は肌が敏感なので、脱毛が強い刺激となってトラブルにつながりやすいのです。}PgžxQむやみやたらに予約を入れるのではなく、自分の体調のリズムに沿ってスケジュールを立てるのがお勧めです。施術前での注意点は、施術前の自己処理で、お肌を傷つけないように気を付けなければいけません。特に今まで毛抜きを使ってむだ毛を抜いていた方は、即刻中止しましょう。普通のシェーバーなどを使って剃っている場合も、お肌の状態が悪くなったり細かい傷等がつく可能性が高いので避けた方がよいでしょう。施術前のお手入れは、肌に負担が少ない電気シェーバーを使用する程度がお勧めになります。このように全身脱毛には、いくつかの注意点があるので施術前や検討する際には気を付けなければなりません。

医療脱毛によって夫婦円満

2014/11/06

医療機関でできる医療脱毛。費用がどれくらいかかるか気になるところだと思います。実際に医療脱毛を行なっている医療機関のホームページを見て調べてみたところ、絶縁針脱毛という方法では10万6千円から36万7千円とかなりの費用のひらきがありました。費用のひらきがある理由はずばりムダ毛の量の違いです。多ければ多いほど時間がかかる。つまり通院する回数も多くなりますので、費用は高くなってしまうのです。少なくても10万円を超えると聞きますと、気楽にできる費用ではないと思ってしまいます。}PgžxQ特に専業主婦の場合は旦那様の稼ぎを使うわけですので、こっそりと使うのは気が引けますし、こっそりいっても肌を見られれば気づかれますので、脱毛をする場合は旦那様に相談してから行ったほうが後々のトラブル回避になると思います。高額な費用ですが奥様が綺麗になるのを反対する旦那様は少ないのではないでしょうか。一気に10万円と聞きますとビックリしますが、毎月1万円程度をどうにか工面できればそれほど気にならないと思います。むしろ節約にもやりがいや張り合いが生まれる事でしょう。今まで自己処理に費やしてきた時間を旦那様に費やせば嫌がる旦那様はいないのではないでしょうか。夫婦円満になればお互いにうれしいですし、子供がいる家庭の場合は子供もうれしいと思います。家庭円満はすべての人が望む事だと思いますので、レッツゴー医療脱毛で綺麗になるぞ。って感じではないでしょうか。

知りたい!医療脱毛

2014/10/20

医療脱毛は、レーザー出力の強弱を微調整しながら医師が施術しますので、医師が常時、皮膚の状態に気を配りながら、皮膚に悪影響を与えないように施術してくれます。この素晴らしい医療脱毛のレーザー脱毛は脱毛以外にも効果があることをご存知でしょうか。医療レーザー脱毛は、お肌を傷めず、お肌を正常のコンディションに整えることができます。レーザー自体が今まで色々な医療技術に使われてきていますので、シミ、痣、ホクロ除去などの治療に使われてきたレーザー光線を改良して、医療レーザー脱毛用に改良されました。医療レーザー脱毛の機械は次々と改良され続けています。しかし、全国どこの脱毛クリニックでも、随時新しい機械を取り入れているわけではないのです。プレゼント02また、機械と部位、そして医療脱毛を受ける人の肌質との相性もあるため、多少のリスクも伴うことも考えられます。例えば、毛穴に炎症を起こし、皮膚科を受診しなければならない事態が起こる場合もありえます。医療脱毛の必要性は、それらのトラブルは起きない点です。医療脱毛の必要性をちゃんと理解することによって、より高い安全性の脱毛を施術することができます。さらに、永久脱毛を施術できるという点でも医療脱毛の必要性があります。普通の脱毛の効果は一時的なものですが、医療脱毛の場合は、永久に生えてこない脱毛処理ですので、脱毛処理の手間から解放されることができます。以上を考えたときに、医療脱毛の必要性があると確信できます。